交通事故110番 交通事故相談専門サイト

交通事故の後遺障害の等級認定(非該当)に対する異議申立ての書類の作成については行政書士 松浦法務事務所の無料相談を~専門知識の差で変わる補償~

交通事故の後遺障害の等級認定(非該当)に対する異議申立ての書類に関するご相談は行政書士 松浦法務事務所の無料相談を

交通事故の後遺障害の等級認定(非該当)に対する異議申立ての書類に関するご相談は行政書士 松浦法務事務所の無料相談を

交通事故後遺障害の等級認定(非該当)に対する異議申立て書類の作成をお考えなら、行政書士 松浦法務事務所の無料相談をご活用ください。交通事故の後遺障害の判定に対する異議申立ての書類を作成するには、交通事故や後遺障害に関する専門知識がないと難しいものです。

行政書士 松浦法務事務所では、多くの方の交通事故に関する書類作成のサポートを行ってきました。いくつもの解決事例を持つ行政書士をお探しなら、全国対応が可能な行政書士 松浦法務事務所へ是非ご連絡ください。

専門知識の差で変わる補償

交通事故被害の大きさこそ違っても、周りで交通事故に遭われたという方は多いのではないでしょうか。歩行者としての事故、追突されての事故、信号無視での事故など、いくら自分が気をつけていても被害に遭ってしまうこともあります。

このように比較的身近に起こり得る交通事故ですが、交通事故被害で受ける補償は、知識を持っているのとのないのとでは、雲泥の差になることもあります。

◯ 利用できる補償が変わる

交通事故に遭った場合、任意保険や自賠責保険での補償を受けられるのは多くの方が理解していることだとは思いますが、通勤時の事故は「通勤災害」という扱いになるため労災保険を使うことが可能です。

また、労災保険には「休業特別支給金」という制度があり、会社を休業した場合には、労災保険に申請することで休業損害とは別枠で受け取ることができます。労災保険では後遺障害も認定されやすく、後遺障害が認定されると、「特別支給金」といった別枠の補償もあります。

◯ 補償金額も変わる

「後遺障害」という言葉は知っていても、それが慰謝料にどう関わるかを知っていなければ、適切な補償を受け取ることができないおそれがあります。むち打ちなどは、後遺障害の認定がされにくいものです。後遺障害が認定されるために後遺障害診断書や医療照会状等の書類作成に関する、専門知識があるのとないのとでは、後遺障害等級結果が変わり慰謝料も大きく変わってきてしまうでしょう。

交通事故の後遺障害に関する相談は

交通事故の後遺障害に関する相談は

交通事故の後遺障害に関する相談は、行政書士 松浦法務事務所へお気軽にご連絡ください。行政書士 松浦法務事務所は交通事故に遭われ困っている方のお力になれるよう、尽力致します。

交通事故は決して他人事ではありません。いつ自分が被害者になるかわからないのです。後遺障害が残ってしまえば、生活にも支障をきたします。きちんと認定されなければ、補償も行われません。泣き寝入りをする前に、まずは無料相談をご利用ください。

お役立ちコラム

交通事故の後遺障害のことなら【行政書士 松浦法務事務所】

会社名 交通事故110番・車検カンパニーM
住所 〒661-0026 尼崎市水堂町1丁目33-12
電話番号 06-6437-8506
URL http://www.jiko110.org

次回2月4日(日)・午後2時~4時頃