交通事故110番 交通事故相談専門サイト

交通事故に備えて用意しておきたいもの

誰しも交通事故には遭いたくないものです。しかし、予測なしに遭遇するのが交通事故なのです。どのような状況においても、冷静な判断と行動ができるように普段から様々な備えをしておくことで被害を最小限にとどめることができます。

メモとペンを常備する

メモとペンを常備する

事故処理には、事故の状況や相手の連絡先など様々な情報が必要になります。保険会社へ事故の報告をする際にも、状況説明や書類の提出をしなければなりません。突然のことで頭が真っ白になってしまい、後日何も覚えていないということも少なくありません。そのため、車にはメモとペンを常備し、大切な情報を書き留められるように備えましょう。

保険の内容を把握しておく

自動車を運転する際、自賠責保険や任意保険などの保険に加入しますが、人身・物損ともに自身の保険内容がどのようなものになっているのか、しっかりと把握しておくことが大切です。運転に自信がない場合は、保険内容の見直しも重要です。万が一に備えて、保険会社に相談しながら保険内容を精査すると良いでしょう。

加害者にならないための整備

加害者にならないための整備

交通事故には、加害者と被害者が存在します。被害者になると、ケガや物損など心身ともに痛みを伴います。しかし、それは加害者も同じです。

相手の命を奪うような事故になってしまっては重い罪を背負ってしまうことになります。加害者にならないために安全運転はもちろんですが、車をしっかりと整備することも大切です。

タイヤのすり減りやブレーキ不良などは、制御不能を招き事故の原因になります。自分の車を責任を持って整備することも、ドライバーとしてのマナーです。

二次災害を避けるためのアイテム

事故に遭遇すると、多くの方がパニックになってしまいます。そのため、二次災害を招いてしまうことも少なくありません。急に車から降りたり、道の真ん中に立ったりしては後続の車を巻き込んでしまいます。
見通しの悪い道路や夜間、悪天候の日は他のドライバーも視界が悪くなりますので、反射鏡や発煙筒で事故を知らせたり、車を路肩に寄せたりするなど冷静な行動が必要です。

交通事故のトラブルにお困りの方は、当事務所にご相談ください。ひき逃げによる被害相談被害者請求など、事故後の様々なトラブルの解決をお手伝いします。無料相談も行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

次回11月5日(日)・午後2時~4時頃